ヒゲダツ

http://newcpress.com/

髭脱毛でシミが消えるかも?

2018-10-15
ムダ毛のない男性36

よく、女性の肌の悩みとして挙げられるのがシミトラブル。しかしこれは女性に限ったことではありません。男性でも同じようにできてしまうことがあり、悩みに感じている人もいるはずです。そんなシミを効果的に消す方法と言えば、クリニックで行われるシミ消しの施術ですが、実は髭脱毛でも同様の効果を得られることがあるのです。

髭脱毛の回数による仕上がりの差や料金は?

どうしてシミはできるの?

そもそもなぜシミができてしまうのでしょう。発生のメカニズムには、メラニンと呼ばれる色素が大きく関係しています。メラニンとは黒い色素のことで、人間の肌や髪の中に存在しています。日焼けをした時には肌が黒っぽくなりますが、これはメラニンが増加することで引き起こされる肌の変色であり、目には見えないものの沢山の黒い色素が内部に存在している状態ですね。

髪に関しても、この色素が色を付けており、本来は白色の髪を黒々とさせてくれるのです。ではどのような原因でメラニン色素が増えてしまうのか、代表的なのは紫外線による影響でしょう。紫外線は肌に有害な作用を与えることは広く知られていますが、その有害性から肌を守ろうと、メラニンを大量に産生する働きが活発になるのです。

メラニンは本来、肌にとって有用な働きをしてくれ、知らぬ間にバリアを作ってくれるというありがたい存在でもあります。しかしそういった働きがある一方、嫌われる存在でもありますが、その理由がシミの原因になるからです。

忌み嫌われるシミができてしまうのは、肌がメラニンを排出し切れないのが理由とされています。肌にはターンオーバーという生まれ変わる力が備わっており、このメカニズムによってメラニンも排出されています。ところが、生活習慣や加齢などによって肌が弱くなると、ターンオーバーのリズムが崩れ、メラニンをしっかりと出し切ることができません。

結果的に黒い色素が滞留することとなり、シミとなって残ってしまうのです。

永久脱毛が可能なレーザー

髭脱毛でシミが消える理由に移る前に、施術の種類について見ていきましょう。一口に脱毛と言ってもいくつかのやり方があるのですが、その内のひとつがレーザー脱毛です。クリニックが採用する施術で、非常に高い脱毛効果を持っているのが大きな特徴と言えます。

永久脱毛という言葉を聞いたことがある人もいると思われますが、レーザー脱毛が正にその永久脱毛を可能とする施術なのです。強力な効果で体毛を処理してくれるため、しっかりと脱毛をしたい男性に打ってつけでしょう。

特に髭は手入れで苦労しやすい存在ですので、生えなくできるのは大きな魅力ですよね。完全になくすことには抵抗がある人でも、量を調整したりデザインをしたりすることもできるため、個々のニーズに合わせた脱毛を行えますよ。

脱毛ができる仕組み

レーザー脱毛によって髭がなくなるのは、毛乳頭や毛母細胞を破壊できるからです。これらの組織や細胞がある限り毛は生えてきますが、レーザーによって破壊をすることで発毛作用を失わせることができます。また、単一の光が集中して毛の種へと向かいますので、効果的且つ効率的に脱毛作用を発揮します。

ちなみに、脱毛サロンでも似たような施術を受けられますが、サロンのいわゆる光脱毛では毛乳頭などを破壊する力はありません。細胞の破壊は医療行為のため、非医療施設のサロンではレーザーによる施術はできないのです。

ところで、レーザーが脱毛作用を発揮するに当たって、ある反応が起こっています。それはメラニン色素に対して光が反応するというものです。そもそもレーザーというのは本来、危険性もある一面を持っており、肌に対して照射をすればヤケドをする程度のケガでは済みません。

しかしそれは工業用などのレーザーの話であって、脱毛用のマシンは専用の性能へと改良されています。その改良というのが、黒色の色素に反応する特性を持たせることで、肌そのものに対しては作用しないようになっているのです。

つまりレーザー脱毛は、照射する光が黒色のメラニンに対してだけ反応することで、優れた脱毛効果を発揮させているというわけですね。

髭脱毛に便利な脱毛シートとは?使い方や注意点

シミにも反応する

レーザーによって脱毛ができる理由を知ることで、何となくシミが消える理由も分かったのではないでしょうか。髭脱毛でシミが消えるのは、シミの原因になっているメラニンにもレーザーが反応するからです。体毛とシミの双方に含まれるメラニンに作用しますので、脱毛をしながら肌に透明感を生み出すことができるのです。

もちろん脱毛のための施術ゆえ、全然違うところにあるシミに照射を受けることはできませんが、髭の中に隠れているシミに対しては効果が発揮される可能性があるでしょう。

髭の永久脱毛、仕上げは電気針で?

必ず消えるわけでもない

脱毛とシミができて一石二鳥、と感じてしまうかもしれませんが、必ず消えるわけではありませんので注意しましょう。あくまでも脱毛目的の施術である上、使用するマシンも脱毛のための専用設計になっています。また、照射力の調整も行いますので、シミに対して有用なレベルでレーザーを当てられるわけでもありません。

したがってシミへの過剰な効果を期待すると、思ったよりも消えずにがっかりすることもあるでしょう。

逆に濃くなるリスクも

完全には消えない可能性がある上、逆にシミが目立つ結果になることもあります。メラニンは刺激を受けると増える性質を持っていますが、レーザーによる刺激が色素を増やす結果となる場合もあるのです。それによって逆にシミが濃くなるという、困った状況にもなり兼ねません。

ただ、多くの場合は自然と落ち着いていくようです。濃くなるのは一時的であり、それほど心配をする必要はありません。とはいえなかなか薄くならないケースもあるため、その場合は髭脱毛に利用しているクリニックで相談をしてみた方が良いでしょう。

ワンコインで髭脱毛を体験!500円で分かることや注意点をチェック

ヤケドのリスクがある

脱毛に使用するレーザーマシンは、メラニン色素に反応する特徴があるとお伝えしました。適度に反応する分には良いのですが、過剰に反応を起こすとヤケドの原因になることもあるのです。特にシミ部分はメラニンが多く、反応を起こしやすいです。

それゆえにレーザーを当てるのは危険性もあり、もしかしたらシミ部分には照射ができないと言われてしまうかもしれません。ついでにシミを消せるかも、という期待も持てずがっかりですよね。ただ、それは肌の安全のためであり、クリニックも無理に照射をしてケガをさせるわけにもいきませんので、ダメなら仕方ないと自分を納得させましょう。